明日を変える遠近

 

 

 

EDOF:イードフ(拡張焦点深度型)

あらゆるシーンでずっと続く、快適な「見える」を目指して。

 

白内障手術(眼内レンズ)など医療分野で利用されている

EDOF(拡張焦点深度)の原理をコンタクトレンズにも採り入れた新しいレンズデザインを生み出しました。

従来の遠近両用コンタクトレンズは、レンズの中に近くと遠く、

それぞれを見るための度数を2重または累進状に配置した構造でした。

それに対し、この新デザインはまるでAnnualRings(木の年輪)のように

遠・中・近方の度数を何重にも連続させることで従来品の欠点の克服を目指しました。

 

オトナの瞳のための新スタンダード・レンズです。

さぁ、新しい「見える」をはじめましょう。